passerelle~人と会社と未来をつなぐ~
ノーマライゼーションの歴史3
ワークプライズの谷崎です。

今回も引き続きノーマライゼーションの歴史についてです。

 スウェーデンでは障害者施策の法整備も徐々に進展していくことになったわけですが

 具体的には、1967年の援護法(保護から援護へ)

 1985年の新援護法(知的以外の対象者枠の拡大)

 1993年のLSS法(自己決定権、機能的な障害を持つ人という表現で対象者枠をさらに拡大)

 これまで述べたようにノーマライゼーションの思想はデンマークやスウェーデンの北欧諸国

 から発展してきたわけですが、1970年代に入ると、先進諸国がノーマライゼーションの思想を

 こぞって取り入れたことで世界中に広がっていくようになり、やがて国連が1981年を

 国際障害者年とすることを決議したことで結実した形となりました。この時のテーマが

 「完全参加と平等」とされたことで障害に対する考え方を「助けるもの」から「自立を支援

 するもの」への転換が目指されることになりました。また1983年から1992年を国際障害者の

 10年とし、福祉の理念としてのノーマライゼーションの普及とその定着が図られました。

なんとなくノーマライゼーションの歴史について分かってきたと思いますが

次回は私なりにノーマライゼーションの歴史について解釈してみようと思います。

お楽しみに(^-^)/

スポンサーサイト
[2016/03/31 15:21] | 未分類 | コメント(0) |
<<ノーマライゼーションの歴史まとめ | ホーム | ノーマライゼーションの歴史2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たにとも

Author:たにとも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる