passerelle~人と会社と未来をつなぐ~
障害年金(番外) 認定基準の壁
ワークプライズの谷崎です。

今回も引き続き障害年金についてです。

前回からの内容をまとめると

障害年金を請求するのに

 1.20~65歳で障害認定基準を上回っている

 2.保険料を一定以上未納にしていない

 3.役所で貰った書類を記入して、その日から2ヶ月以内に提出

しかし障害年金は、そう簡単に貰えません。

障害認定基準と言う大きな壁が立ちはだかります。

ここで例として考えていきます。

 Aさん 20代女性

 発達障害(知的障害と合併) 軽度
  障害の内容としてはコミュニケーション・対人関係が苦手
  行動がパターン化
  知的に遅れがあり、聞く・計算・理解などの能力を身につけるのが困難

 職歴 パート経験はあるが合わず退職
     検査で障害該当あり 手帳取得
     自分に合う仕事を見つけるために就労支援所に通う
     チャレンジ就労など経験したのち
     現在、障害者雇用枠で勤務。


結果 障害年金の支給認められず
    もう一つ障害が増えれば該当するとのこと

おそらく推測ですが障害が軽度であること

現時点での障害では生活・社会性に問題がない(軽度であるため)

現在、働いている。

あくまで障害年金は障害者の生活を支援するためのものですから

自分ひとりで生活できる力があるか(経済面も含めて)。

ここが一番のポイントだと思います。

続きは次回です。


HPが新しくなりました。
人材派遣ワークプライズを宜しくお願いします。


     
スポンサーサイト
[2016/05/30 12:45] | 生活 | コメント(0) |
<<諦めないで障害年金 | ホーム | 障害年金 後編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たにとも

Author:たにとも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる