FC2ブログ
passerelle~人と会社と未来をつなぐ~
障害年金 前編
ワークプライズの谷崎です。

GWも終わり平常通りになりましたね。

さて次の連休までは67日後です。

今年から8月11日が山の日で祝日になりましたので

祝日が無いのは6月だけになりました。

つまり今の時期が1年の頑張り時です。

体調管理に気をつけましょう。


今回のテーマは障害年金です。

障害年金とは正式名「障害基礎年金」のことであり、障害を持つ方が受給できる年金です。

ただ障害年金を貰うことは簡単なことではありません。面倒な手続きがあります。

お金を貰うことに楽はないと言うことですね。

ではどうしたらいいのか簡単に説明したいと思います。


まず受給対象者は20歳から65歳までの障害認定基準を上回る障害をお持ちの方です。

なぜ65歳以上は受給できないのか。それは「老齢」という別の受け取り方が出来る年齢に

達したため障害年金としては請求できなくなりますが例外はあります。もちろん20歳未満も

例外で請求できます。あくまでも例外ですので基本的には請求はできません。

さらに保険料を一定以上未納にしていないことです。

障害年金は基本的に保険と同じ仕組みで、たとえば車で交通事故を起こした時

自動車保険を払っていなかったら保険は出ませんよね。事故後に保険に入って給付を

受けることもできません。

それと同じで保険事故時(つまり障害年金で言えば病気になった時)に

保険料が一定以上未納だと、障害年金を受給することはできないということになります。

これを計算する基になる日が初診日ということになります。

初診日時点が未納であっても、加入期間全体で見ますのでその点は大丈夫です。

もっと言ってしまえば、その病気に関して、と限定されますが

初診日以降が全部未納でも障害年金は支給されます。

次に障害認定基準を上回る障害なんですが

ここで一番よくある誤解が 障害者手帳を持つ=障害年金を受給できる

障害者手帳は身体・療育・精神の3つがありますが障害年金と全く違う別の制度で

障害年金の受給可否には直接影響しませんので障害者手帳のことは一旦

忘れてください。参考にはなりますが障害の程度(重さ)の目安にしかなりません。

そして認定基準を上回る障害は自分たちでは分からないので自治体の

判断に委ねられます。


次回も引き続き障害年金についてです。


現代企業の孫の手

人材派遣ワークプライズを宜しくお願いします。

 
スポンサーサイト
[2016/05/10 12:40] | 生活 | コメント(0) |
<<障害年金 後編 | ホーム | ノーマライゼーションと補償 その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

たにとも

Author:たにとも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる