passerelle~人と会社と未来をつなぐ~
障害者・高齢者の人権問題
ワークプライズの谷崎です。

今年も2ヶ月過ぎました。

春も近くなり、日差しが多くなってきます。

まだまだインフルエンザは流行中ですが

紫外線対策も忘れずに。

今回のテーマは

障害者・高齢者の人権問題

そもそも人権とは「全ての人々が生命と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」

あるいは「人間が人間らしく生きる権利で、生まれながらに持つ権利」であり

誰にとっても身近で大切なもの、日常の思いやりの心によって守られるものです。

私たちの日常生活の一番基本のルールといえるものであり、幸せに生きるために

誰にでも認められる基本的な権利です。しかし、その人権をめぐって

暴行や虐待・差別など様々な問題が生じています。

内閣府が実施した「人権擁護に関する世論調査」によると、高齢者に関して

どのような人権問題があるか聞くと「悪質商法の被害が多い」

「働く能力を発揮する機会が少ない」「邪魔者扱いされ、つまはじきにされる」

などが挙げられており、様々な場面で生じていることがうかがえます。

また、障害者も健常者も区別されることなく共に生活することができる社会を目指す

「ノーマライゼーション」を基本理念として様々な施策が進められていますが

「人権擁護に関する世論調査」では、「就職・職場で不利な扱いを受ける」

「じろじろ見られたり、避けられたりする」「差別的な言動をされる」などの

人権問題があるという回答が多くなっています 。

さらに「障害者に対する世論調査」でも、9割近くの方が

「(障害がある人に対して)障害を理由とする差別や偏見があると思う」と答えています。


法務局・地方法務局が開設している人権相談所において、法務局職員や人権擁護委員が

面談や電話・インターネットなどで人権問題に関する相談を受け付けています。

人権侵害と思われるような不当な差別や暴行・虐待について、一人で悩まずご相談ください。


最後に・・・

人材派遣ワークプライズを宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
[2017/02/28 09:58] | 生活 | コメント(0) |
プロフィール

たにとも

Author:たにとも
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる